建築に関する情報を当サイト「是非とも知っておきたい建築」では多数お届けしています。

人材の高齢化も問題

    

五輪へのインフラ整備と復興を両立するようにも人材の確保が急務となっているのです。一方で、五輪開催と東日本大震災の復興特需が重なったため、建設業界では深刻な人手不足に。

首都東京の試算によりますと五輪が開催させられる2020年までの経済波及効果は建設業界で4,745億円としており、長らく低迷が続いていた建設業界にとりまして大きなチャンスが到来する見込みです。人材が不足した状態が続くと、工期の延長が予想されまして、建設会社のコストを圧迫する結果となるのでしょう。

平成25年9月国際オリンピック委員会(IOC)により、2020年にオリンピックが東京で開催させられることが決定してしまった。さらに、人材の高齢化も問題となっています。

東京での五輪開催により、鉄道網や高速道などのインフラ整備が加速する見込み。