建築に関する情報を当サイト「是非とも知っておきたい建築」では多数お届けしています。

建設業界の過去の推移

    

平成22年までの建設業界は減少傾向にありました。建設業界の過去の推移を見ますと、平成17年から20年までは横ばい、平成20年から22年までは減少傾向にあったのだったが、平成23年もう一度増加に転じているのです。

さらには平成24年末からのアベノミクスの目玉である公共事業投資、国内景気の回復など建設業界とりましては好材料がそろってきた。東京五輪前まではこんな状況が続くと見られ、建設業界は強大追い風を受けましています。

建設各社受注高が大幅に減少し、業績をさらに悪化させる事態へと陥りました。一方、平成23年に入り、東日本大震災の復興需要、民間の設備投資の増加などにより業績は回復基調に。

建設業界が減少した要因としましては、国内のマンション工事など民間需要の縮小、公共工事の減少、サブプライムローンによる金融引き締め、建設資材の高騰、不景気による海外建設事業の採算悪化、為替相場の為替差損の発生などが挙げられます。また、民主党への政権交代により公共事業の廃止や予算が大幅に削減。

平成27年も、首都圏を中心に再開発が進み、高層ビル、新築マンション、商業施設の建設ラッシュが続きます。